卵子提供の病院選び

卵子提供を受けるには?

卵子提供とは、何らかの理由で自分の卵子で妊娠することが難しい女性が、第三者から卵子の提供を受けて妊娠を試みる方法です。卵巣や卵管に病気がある場合や、胚移植などの体外受精に何度チャレンジしても妊娠することができなかった場合などに卵子提供を検討するカップルが増えつつあります。日本では卵子提供についての具体的な法整備がなされていないため、一般社団法人JISART(日本生殖補助医療標準化機関)という民間団体が定めたガイドラインの条件に合致すれば、卵子提供を受けることが可能です。一方海外では、卵子提供が不妊治療の一環として積極的に行われている国もあります。病院の紹介や渡航手続きなどをサポートしてくれる団体の支援を受けながら、海外での卵子提供を目指すこともできます。

国内と海外、どちらがいいの?

日本国内では、JISARTに加盟している医療機関がいくつか卵子提供実施施設に指定されており、卵子提供を受けられます。しかしながら匿名での卵子提供の件数が少ないため、親族や友人など、自分自身で卵子提供者を見つけなくてはならない場合が多いのが現状です。カウンセリングから治療が開始されるまで時間がかかることも多いため、通院が負担ではない場所にあることも重要です。
海外での卵子提供を希望する場合、具体的な法律のもと卵子提供が行われている国に渡航して治療を受ける形になります。日本で卵子提供で生まれる子供は年間数人ですが、米国などでは毎年1万人近くが誕生しており、卵子提供が不妊治療の大きな一端を担っています。しかし、治療費に加え渡航費や、治療の期間は数ヶ月現地にとどまる必要があるため滞在費が発生し、金銭面や時間面での負担が大きくなります。