卵子提供後、子どもにどう説明するか

卵子提供は究極の不妊治療

卵子提供とは第三者の女性から卵子を採取し、夫の精子と体外受精させた後に、その受精卵を妻の子宮に移植するというものです。病気による卵巣摘出や早期閉経によって妊娠が望めなくなった女性、長年不妊治療を続けていたものの、卵子の老化により妊娠が難しくなった女性が、最後の手段としてこの治療法を選びます。妻の方の遺伝子は残す事が出来ない、また自分本来の細胞では無いので流産や早産、妊娠高血圧症候群など様々なリスクがあります。それでも子供を望む夫婦の中には、この究極の不妊治療に思いを託し、卵子提供を受けるために海外渡航しているのです。ちなみに日本では治療をサポートする仲介業者がいくつかあり、ドナーの選定や医師の紹介などを行ってくれています。

子どもにはどのように説明すれば良い?

日本人女性の場合は、日本人の卵子を望む人が多いです。また妻と身長や体重が似ている、血液型が同じといったドナーを選ぶ傾向にあります。周りから見て違和感が感じられないようにしたいという思いが背景にありますが、やはり子供に隠し通す事は難しくなります。子どもが大人になった時、自分の出生を偶然知った時はパニックになり、親子の信頼関係にまで影響を及ぼす事になるのです。そのため子供が物心ついた頃から、きちんと説明しておく事が賢明です。 あなたは特別な方法で生まれてきた、でも親として愛する気持ちは一緒という事を、子供にもわかるようにしっかりと伝えておきます。もちろん子供への告知の時期は決まっていません。ただいつかは伝えなければいけない事実であれば、無駄に先延ばしにする必要も無いのです。