卵子提供のドナー探し

自分で探す卵子提供のドナー

提供希望者が卵子バンクなどを使わず自身で卵子提供のドナーを探す場合、姉妹や親族、友人などの近しい関係からというのがよく聞かれます。日本では卵子提供は無償とされているため、どうしても提供希望者の親しい者に頼ることになりがちです。また、姉妹・親族ならば提供希望者との血のつながりもあるため受け入れられやすいという理由もあります。 JISARTのガイドラインで規定されたドナーになる者の条件は1人以上の子を持つ35歳未満の女性で、提供までに何度も説明とカウンセリングを受けることになります。これはドナー側の負担が大きいためです。ドナーは卵子提供までに度重なる通院や、排卵誘発剤や採卵に伴うリスクを負うことになります。卵子提供のドナーを探すときはドナー自身のリスクもよく考えておかねばなりません。

卵子バンクでドナーを探す

卵子バンクとは、希望する女性に第三者の卵子を提供する機関です。日本ではNPO法人により2013年からサービスが始まりました。提供希望者はバンクにレシピエント登録をし、ドナーとのマッチングが成立すれば治療が始まります。日本での支援サービスはドナーの医療費のみ負担で、卵子は無償提供となっています。海外では日本よりも多くの卵子バンクがありますが、大半は有償提供です。海外の卵子バンクでは提供者の学歴や身長、容姿によって値段が変わってくるのも日本とは違う点です。 海外の卵子バンクで日本人ドナーを探すことも可能なので、海外でしか治療を受けられない提供希望者が海外で日本人の卵子提供を受けるケースもよくあります。卵子バンクによって特色や費用の違いがありますので、利用する前によく調べてみましょう。