卵子提供のメリット・デメリット

卵子提供のメリットとは

卵子提供を受ける最大のメリットとは、妊娠の可能性が格段に上がるということにあるでしょう。卵子提供を受ける側はたいてい人工授精、体外受精など何らかの不妊治療を経て成果が得られずに卵子提供にたどり着きます。これらは自身の卵子を用いて行う不妊治療ですが、卵子提供であれば若く健康な卵子を選んで移植することができます。そのため卵子自体に問題がある不妊の場合、卵子提供により妊娠・出産に至る確率は飛躍的に高くなります。また、卵子提供を受けることによって、自身のお腹で子をはぐくみ妊娠・出産を経験したいと考える女性の希望を叶えることもできます。卵子の老化が社会問題になる時代には、卵子提供は不可欠な治療法といえるでしょう。

卵子提供のデメリットとは

卵子提供のデメリットとは敷居が高いということにあるでしょう。人工授精、体外受精などと違い、卵子提供となると受けられる医療機関が限られています。日本では卵子提供の適応となる条件も厳しく、海外での治療を視野に入れる夫婦も多いです。そのため費用も高額となり、なかなか足を踏み出せないというのが現実です。また、卵子提供では妊娠後、妊娠高血圧症候群や早産、癒着胎盤などのリスクにも気をつけなければいけません。これは他人の卵子に対して拒絶反応、免疫反応が起こるためだと考えられています。出産後の問題としては子どもへの説明、周囲の理解など、まだ日本では卵子提供が一般的でないがゆえの課題があります。利点も多い卵子提供ですが、問題点もしっかりと把握しておかなくてはなりません。