卵子提供までの道のり

不妊治療がステップアップしていく中で、卵子提供を選択肢の一つとして考えることがあると思います。ここでは、卵子提供が実現するまでの過程や治療の方法、また、その際の注意点などをお伝えしていきたいと思います。

卵子提供の病院選び

卵子提供のドナー探し

卵子提供のメリット・デメリット

卵子提供から妊娠・出産、その後

不妊治療のゴールは出産ではありません。卵子提供を受け妊娠し無事出産した場合、その後、どんな注意点があるのでしょうか。ここでは、出産後に直面する法的問題、または子どもの成長に伴い考えなければいけない点などについてお伝えしていきます。

卵子提供後の戸籍問題

卵子提供後、子どもにどう説明するか

卵子提供後、周囲への対応

自分が卵子提供をする側なら

子どもを持ちたいと望む夫婦の選択肢の一つとして、卵子提供を受けるという方法があります。卵子提供は、若い女性から妊娠を望む高齢の女性に対して行われるのが一般的です。高齢の女性は、卵子が老化してしまって妊娠する可能性が低いですが、20~35歳ほど若く健康な女性から卵子の提供を受けることで妊娠の確率が高くなるといわれています。卵子提供者の中にはお金が目的で卵子提供したという女性もいますが、身体にかかる負担や卵子採取時のリスクを考えると、安易に提供を決めない方がよいでしょう。本気で誰かが子どもを産む手助けをしたいという気持ちがあるなら、卵子バンクに登録することができます。卵子提供することを決めたら万が一のことを考えて、パートナーや家族に伝えておいた方が安心です。

自分が卵子提供を受ける側なら

子どもを持ちたいという気持ちから卵子提供を受けた人は、その後それを周囲にどのように伝えていくのかという問題があります。卵子提供を受けた女性は、順調にいくと妊娠して自分で出産します。しかし自分のお腹から出てきた子どもですが、第三者の卵子を使っての妊娠なので、遺伝子的に子どもとは血がつながっていないことになります。親がそれを伝えなければ、子どもは一生それを知ることはないでしょう。DNA鑑定をしなければ子どもが自分で気づくことはありません。 卵子提供をした人と生まれた子どもが会うことを禁止している団体もありますが、提供者が子どもと会うことを希望する場合もあります。子どもが大きくなった時に周囲の人からそれが伝わってしまって悩む可能性を考えると、小さいうちから子どもに自分はどのように生まれたかを伝えておいた方がいいのではないでしょうか。